忍者ブログ
企画造形屋〈ぜろ〉は“ロボットキャラクターの着ぐるみ”を用い、子供たちに『驚き』と『感動』を与えることで地域貢献を行うボランティアチームです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12月19日(水)

今回は戸田南小学校の学童保育所でのクリスマス会への参加です。

なんと、しかもガンダムではなく、ドテレンジャーさんのお手伝いです。
“中身”が足りない、ということで、たまたま夜勤明けだった
私が手伝うことになりました。
…むしろ、押しかけた、というほうが近いでしょうか(笑)。

ドテレンジャーさんは5人、それにナレーター1名、司会のお姉さん1名、
悪役2名の構成だったのですが、集まったのは私を入れてギリギリ9人。
というわけで、今回は写真撮影はなし(笑)。

シナリオも急遽作られたものなので、あらかじめ録音されたものはナシ。
というわけで、集合からイベント開始まで1時間半のうちに
役の割振りから台詞の暗記、着替えまでを済ませなくてはいけません。

まず役割分担からですが、ここがいきなりの苦労です。
シナリオは全部覚えなくてはいけませんが、レッドのセリフはナレーターさんがやってくれる上に、悪役がセリフが一番多い。

とは言えせっかくの機会、ダメもとで念願の悪役である
下っ端怪人役をやらせてもらうことになりました。

どんな役かといえば…。

『ケータイをかけつつクリスマス会に乱入する怪人、電話の内容で勝手にキレて司会のお姉さんに乱暴するところにドテレンジャーが現れる。
…が「テレビの戦隊ヒーローはどんどん変わっていくのに、ドテレンジャーはいつまで経っても同じ。そんな古臭い奴らなんて相手にしてられるか!」と去っていく。
その怪人の言葉に悩みつつも、司会のお姉さんの言葉に元気づけられ新たに決意するドテレンジャーの前に、またもや悪の総統に連れられ乱入、乱闘を繰り広げるも「クリスマスはみんなが優しくなれる日よ」との司会のお姉さんの諭され改心し、みんなで一緒のドテレン体操を踊る』

…という感じ。


とぉ~っても楽しかったです。
自分で申し出たにも関わらずセリフをとちってしまいましたが、子供たちは
ヒーローより絡んでくれますし、拙いとはいえ殺陣もやらせてもらえたわけですし、
普段はなかなかできない体験をさせてもらいました。

正義のヒーローに投げられるのが癖になりそうです(笑)。


こういう勧善懲悪のストーリーは悪役あってこそヒーローが光り、物語が成立します。
次があるなら、もっとうまくできるようになりたいですね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ラスカル@ふじわら
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/11/04
自己紹介:
ロボと着ぐるみ造形と子供の笑顔をこよなく愛する、チーム“企画造形屋〈ぜろ〉”のリーダーです。
連絡先メール
k-0@ymail.plala.or.jp
ブログ内検索
リンク

Copyright © [ 企画造形屋〈ぜろ〉 ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら… Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]